てながざる館

シロテナガザル

てながざる館

2009年8月29日オープン。

シロテナガザル

エゾシカの森に次いでてながざる館がオープンしました。

今まで、檻の中でしか見ることができなかったテナガザルですが、今度は隣のオランウータンと並んで開放的空間で直に見ることが可能になりました。

その行動は、機敏かつ華麗!

テナガザルの行動を知り尽くした設計になっています。


てながざる館

見事な行動展示を目の当たりにすることが出来るのは、てながざる館です。

てながざる館

シロテナガザル

てながざる館

シロテナガザルの機敏で華麗な行動で、周囲からは大きな歓声が・・・


てながざる館全景

てながざる館

てながざる館

オランウータン舎並んでそびえるように作られており、見ごたえある施設になっており、壁には多数の突起棒やロープが設けられ、テナガザルは次々に飛び移るように移動します。


新しい出会い

モンロー

昨年最愛の妻シラコを失ったテルテル。

そのテルテルに新しい恋人が出現。

名前は、「モンロー」ちゃん。

積極的なモンローにテルテルもタジタジ。


キョンとの同居始まる

キョン

2009年に完成したてながざる館ですが、新たにシカの仲間「キョン」との同居を開始しました。

同居当初テナガザルに追っかけられていたキョンですが、壁に掛けられた板に隠れながら、外に出てはその姿を見せてくれます。

テナガザルとキョンの奇妙な同居は、これからどんなドラマを見せてくれるでしょうか。


もぐもぐタイム

てながざるのもぐもぐタイム

もぐもぐタイムは、館内にて。寝室に入る、16時30分ころからのようです。

テナガザルは宙を飛んでいる

テナガザル

一見、うんていのように鉄棒から鉄棒へと渡り歩いているかと思えば、なんと両手、両足ともにどこにもふれていない!

つまり、次々と飛び移っており飛んでいるかのようだったのです。


絶滅危惧種のテナガザル

テナガザルは、絶滅が心配されている絶滅危惧種の動物です。
旭山動物園では、シロテナガザルの3頭を展示しています。

テナガザルは樹上で生活し、一夫一妻性で数頭の子供で群れを作る。私たち人間と同じような社会形成である。
また、オスメスがお互いを呼び合いながら、まるで歌を歌っているようにデュエットをするらしい。

それはお互いの存在を確かめたり、縄張りを主張したり、ある種の言語を使ってのコミュニケーションツールなのかもしれません。


頭上にきたら注意!

テナガザルが館から出て、鉄塔の遊具へ移動する際は、テナガザルの排せつ物に注意してください。

大変動きが速いので、排泄物も飛び散る可能性があると思われます。


私たちにできる取り組み

現在旭山動物園では、ボルネオへの恩返しプロジェクトを行っています。私たちの豊かな生活のために、ボルネオの動物たちが絶滅に瀕しております。

ドリンクならおらんうーたん館とてながざる館の間の自販機で!

この自動販売機での売り上げの一部が、ボルネオの野生生物レスキューセンター設立ために役立てられます。


今日の旭山動物園のイベントは


スポンサードリンク


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional