旭山動物園 シマフクロウ舎

シマフクロウ舎

シマフクロウ舎

もうきん舎

2010年、4月29日もうきん舎としてオープン。

シマフクロウを展示する目的で建てられましたが、シマフクロウが不在のため今までオジロワシを展示していました。

その後釧路からシマフクロウが来園、ようやくシマフクロウの展示が実現しました。


シマフクロウの展示

シマフクロウ舎

ついにシマフクロウの展示が始まりました。

国の天然記念物でもあるシマフクロウ。
北海道の野生にも生息しているのですが、その姿を見た方は少ないことでしょう。

少し遠いので、オペラグラス双眼鏡など持参した方が良いです。

カメラでの撮影も、中望遠クラスがあると便利です。


施設形状

シマフクロウ舎

シマフクロウ舎はアーチ型の鉄骨で作られた、かまぼこのような形状の施設と、小窓がついたコンクリート製の部屋で作られています。


シマフクロウ舎館内

もうきん舎

その部屋には、シマフクロウ舎の完成までの道のりや、オオワシとオジロワシを比較した内容の掲示物が紹介されています。

シマフクロウ舎には、シマフクロウが生活できるように、大木に住み家を設けられています。また地面には池が設けられて、中にはニジマスが展示されています。(現在ニジマスは展示されていません)


小窓から

オジロワシ

オジロワシは高い木の上にだけいるわけではありません。実は、地上の茂みにもその姿をしのばせています。イメージからは想像できませんね。

(オジロワシ、オオワシの展示は引っ越しました)

大人気!ニジマスの展示

ニジマス

池の様子が見えるガラス窓を設置。ニジマスが泳いでいる姿を水中から観察できます。大小大きさの違うニジマスが展示されています。

小さなお子さんに大人気のようです。

(現在ニジマスは展示されていません)

シマフクロウ

旭山動物園シマフクロウ

シマフクロウは、北海道に生息するフクロウ科に分類される鳥の仲間。開発による森林伐採や交通環境の変化により激減している動物で、国の天然記念物にも指定されています。

シマフクロウは、主に魚や小動物を餌にして暮らしています。現在、絶滅危惧種の動物になっているようです。

  • シマフクロウについてしらべてみよう  しらべる

お知らせ:2012年4月から、シマフクロウの展示が始まりました。


オジロワシ

オジロワシ

翼を広げれば2メートルにもなるオジロワシ。尾が白いことで名付けられた。知っている方も多いかもしれませんが、旭山動物園のあざらし館にも、片翼のオジロワシが展示されている。

ここ旭山動物園で飼育されているのは、交通事故等で保護されたオジロワシを展示しているようです。

オジロワシ

オジロワシが飛んでいる様子。白い尾翼が特徴!

(オジロワシ、オオワシの展示は引っ越しました)

オオワシ

冬期期間になり、もうきん舎にオオワシ3羽も展示されています。今のところ、オジロワシと仲良く暮らしているようです。

オジロワシとオオワシの違いが良く分かります。

(オジロワシ、オオワシの展示は引っ越しました)


ニジマス

ニジマス 「シマフクロウ舎」

シマフクロウ舎(旧もうきん舎)には、ニジマスを放した池も設けられていました。これは、オジロワシがニジマスを獲りにくる様子が実現できればと考えられて作られたようです。

(現在ニジマスは展示されていません)

ニジマスについて

ニジマスはサケ科に属する淡水魚で、北海道の河川にも放流により繁殖している魚です。ヤマメやイトウと並んで釣りの対象にもなり、食用として養殖もされています。

その名前の由来は、オスに限り繁殖期で虹色に輝く色彩を持つことにあります。実際に見て確かめてください。




今日の旭山動物園のイベントは


スポンサードリンク


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional