旭山動物園 オオカミの森

オオカミ

オオカミの森

2008年6月オープン。

画像の説明

2008年6月、待ちに待ったオオカミの森が誕生しました。今や絶滅した日本のオオカミが、この地旭山に新しい子孫を残していくことを期待されての新しい施設の誕生です。まったく身近な動物ではないオオカミの、犬やキツネとも違う多様な行動は、見ていて飽きがこないのがオオカミの魅力の一つではないでしょうか。


パパだーい好き

シンリンオオカミのケンと赤ちゃん

5月に誕生した3頭のオオカミの子どもたち。まだヨチヨチだけど、すくすく育っているよ。

オオカミの子育ては、お父さんもお母さんも参加しています。子どもたちは、両親の愛情をいっぱいもらって成長します。


3頭の子どもたちの名前が決まる

オオカミの子どもたち

5月4日に誕生したシンリンオオカミの子どもたち。
オス1頭、メス2頭の名前が決まりました。

「山」「風」「朝日」
「旭山に新しい風」の誕生です。

  • 「山」  ヌプリ オス(濃い茶色)
  • 「風」  レラ  メス(黒)
  • 「朝日」 チュプ メス(うす茶色)

それぞれアイヌ語で、「山」「風」「朝日」を意味するそうです。


旭山動物園のオオカミ

オオカミ

旭山動物園で展示しているのは、シンリンオオカミの3頭。黒いオオカミ2頭は、カナダからやってきたオスとメスの兄弟オオカミです。

新たに別の白いオオカミ(マース)が仲間に入りました。


オオカミの森館内

オオカミ

オオカミの森館内への入口は、館内の下手の方からの入場です。

館内に入ると、オオカミの森が広がっています。森の中をオオカミが行き来する様や、後方では隣接するエゾシカとの関わりの様子を観察することができます。

オオカミの森

中に入ると広い場所になり、オオカミの森に迷い込んだかのようです。そして見ている私たちが、オオカミに囲まれた感覚になります。


ヘアーズアイ

旭山動物園の人気の秘密は、何といっても工夫した展示にあります。

右手階段がヘアーズアイ

オオカミの森では、ヘアーズアイ(かまぼこ型のぞきカプセル)が設けられ、オオカミをすぐ目の前で見ることができます。

右手の階段を上ればヘアーズアイです。


ヘアーズアイの中

ヘアーズアイで運が良ければオオカミが目の前で間近に見ることができます。

ヘアーズアイから見るオオカミ

こんなに近くで見ることができるのも、さすが旭山動物園ならではですね。

(注意:オオカミが必ず見れるとは限りません。背の高い方は、頭上注意です。)


あべ弘士氏の壁画

かつて生息していたエゾオオカミ。悲しい歴史があべ弘士氏の壁画で描かれています。

エゾオオカミの壁画

館内にある作家あべ弘士さんの壁画。
オオカミが集団で狩りをする様子が描かれている。


隣接するエゾシカとのにらみ合い

北海道にオオカミがいた頃、集団で狩りをするオオカミは、エゾシカなどを獲物にしていました。

エゾシカとオオカミ

オオカミの森の施設には、隣にエゾシカも展示されていて、両者の反応を観察できるように工夫されています。
このような展示方法は、日本でも初めてではないでしょうか。時々、エゾシカとのにらみ合いが起きています。

しかし、エゾシカだって負けていません。物おじせずにらみ合いは続きます。


オオカミの遠吠え

オオカミ

普段は何も語らずのオオカミですが、遠吠えは突然にやってきます。

  • 旭山動物園テーマ曲に同調
  • 閉園時の「蛍の光」園内放送に同調
  • 園内放送「ご来園の皆さまにご案内申し上げます・・・」

特に園内で流れるイベントの紹介で使われる旭山動物園テーマ曲が、遠吠えを見るチャンスになります!



天窓にオオカミの足跡(見落とさないで!)

オオカミの森の館内に入ると、左手にオオカミと施設誕生までの経緯が紹介されています。

オオカミの足跡

その頭上に注目!
天窓が設けられており、その天窓にはオオカミが歩いた足跡が付いています。

お見逃しなく。


白いオオカミの「マース」

カナダから白いオオカミ、マースが来園しました。

マース

右前足にに怪我をしていたため、群れから離れて飼育されていました。

怪我も良くなったため、現在オスのオオカミのケンとのペアリングを実施しております。

カナダから来園、メスの「マース」

現在オスのケンとマースのペアリングが行われています。
そのため兄弟のメリーは、別の部屋で飼育されています。


きびしい野生の世界

2008年旭山動物園オオカミの森に来たオオカミのクリスでしたが、カナダから来たどちらかのオオカミに、頸部をかまれ死んでいるのが発見されました。

やさしい表情のクリスの存在は、たくさんの人々の心の中で生きていくことでしょう。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional